2009年8月アーカイブ

まさかこんな事、あるのね。ビックリしちゃった。だって20年振りに、幼馴染みと再会だよ!しかも偶然、町でバッタリ。

デオキシーを愛用中で良かったわ。これが1週間前だったら、そう想像すれば結構ゾッとしちゃいます。小学校を卒業後、全く会わなかった彼。

私の中では、可愛い少年のまま記憶停止・・・これほど大人へ成長とは。そりゃ、向こうもそう思うだろうけど。

デオキシーのお陰もあり、老けたとは思われて無い事を願う。お互い、直ぐ気付けた事も不思議だけど、こんな場所で目が合う奇跡へ、運命感じちゃう。

久しぶりに、乙女になっちゃいそうだわ。先週までは、デオキシーの存在を知らず、オバサンまっしぐら!あのままじゃ、ヤバすぎ幻滅よね。

完全に干物女になってたわけだし、恋愛も面倒にすら思うほど。もしかしたら、気付きさえ無かった?それは結構ピンチ!

デオキシーが、人生最大のチャンスをくれた感じね。奇跡が続き、これを逃せば次ありません。燃えてきたぁ!よーし、頑張るぞ!

捨てる際の悲しみを知ろう

久々に、ランチバイキングへ行った。最近は量が食べられなくなってたけど、この日は絶好調で、まだまだ若いじゃん♪めっちゃイケる♪と、余裕ぶっこき全力で攻めれば...。

急にきたのよ、限界が。逆に?歳で予想が付かなくなったの?ホントに、あっ、無理と思ってから一口も食べられず終い。

でもバイキングを残すのはマナー違反だし、頑張り詰め込んだ。デザートもしっかり頂きたくとも限界。

食べ放題じゃなくとも、お店で残すのはあまりしたくありません。飲食店で働いてた事もあるから、悲しさが分かるの。

どっちにしろお金は払って貰えるから、商売的には関係無いが、作る側はやっぱ悲しい。ごみ箱に放るのも自分が担当...。

無理する必要はありませんが、ちょっと気止めて欲しいね。